オリンピックは国際的なスポーツの競技大会であり、開催される国では必ずと行ってよいほど記念品が作られます。その中でも金銭的な価値を持つものがあり、比較的入手しやすいのが切手です。

自宅にオリンピックの記念切手があるという切手収集家も多いのではないでしょうか。ただオリンピックの記念切手は発行枚数も多い分、一部のオリンピック切手以外は価値が額面と同等になります。ありふれた切手なので高額買取は難しいのですが、切手の買取業者を利用すると、簡単に売却できますよ。

オリンピック切手の買取価格相場一覧

オリンピック切手の買取相場は、基本的にはこれまで発行された全てのものが額面、あるいはそれ以下の価格になっています。元々発行数が多いことや、一般的な切手とは違い小型シートで販売されることもあるために使用率が悪く、未使用品が大量に現存していることが大きな理由です。ただし、特定の条件を満たした使用済み切手、珍しいエラー切手などでは額面の数倍で売れる事もあります。

第18回オリンピック東京大会記念切手

第18回オリンピック東京大会記念切手

1964年に開催された日本ではじめて開催された東京オリンピックを記念して発売されたもので、通常のシートと5枚つづりのシートがあります。絵柄は全部で5種類あり、それぞれ額面が違います。

相場は額面によって変わり、バラ、シートともに1枚あたり10円から60円ほどですが、オリンピック開催日の消印がある使用済み切手は額面の数倍で売却出来る可能性があります。

オリンピック東京大会募金切手

オリンピック東京大会募金切手

東京オリンピック開催前の1961年10月から1964年6月の間に20種類が発行された、額面+5円の募金がついた切手です。販売時は10円ですが、そのうちの5円が東京オリンピック開催のための募金であったため、「募金切手」と言われています。

当時は東京オリンピックが国民を熱狂させた時代であるため、募金付きの切手は記念目的と募金目的で沢山の人が大量に購入しました。そのため、現在でも未使用の状態で大量に残っており、安価な記念切手の代表格となっています。

相場価格は5円から10円と低価格ですが、一度に大量生産したせいもありエラーが頻発した切手としても有名です。特に目打ちと言われる切手を切り取るための穴開けを不慣れな民間企業に委託したため、目打ちを失敗したエラー切手が大量に出回りました。

また、印刷の際にインクが乾く前に次の切手シートを上に乗せてしまうことで起こる裏写りと言われるエラー切手も多くあります。エラー切手の場合はエラーの度合いなどにより、額面の数倍から数十倍が価格相場になります。

札幌オリンピック冬季大会記念切手


引用元:買取プレミアム

1972年に発行された札幌オリンピック冬季大会を記念した切手で、額面が20円と50円の2種類があります。絵柄はスキー、ボブスレー、フィギュアスケートの3種類あり、スキートボブスレーが20円、フィギュアスケートが50円で販売されました。全ての絵柄を揃えた小型シートも販売されています。発行数が多く現在でも珍しくないものなので、相場価格はほぼ額面かそれ以下です。

札幌オリンピック冬季大会募金切手

札幌オリンピック冬季大会募金切手

札幌オリンピック冬季大会開催前の1971年に発行された、額面15円に5円の募金が付いた切手です。図柄は2種類あり、どちらも募金付きの20円で販売されました。発行数は2種合わせて4,000万枚と多く、現在も大量に未使用が残っているために相場価格もほぼ額面かそれ以下です。

長野オリンピック冬季大会記念切手

長野オリンピック冬季大会記念切手

1998年に開催された長野オリンピック冬季大会を記念して発行された切手で、小型シートのみの販売です。少々特殊なケースの切手で、小型シートに50円切手と80円切手がそれぞれ5枚つづりになっています。通常のシートでの販売がなかったため、使用してバラ状態で残っているものはほぼ価値がない状態です。相場価格は未使用でシート状態のものであれば、600円から700円です。バラのものは専門の買取業者であれば額面かそれ以下で買い取ってくれます。

長野オリンピック冬季大会募金切手

長野オリンピック冬季大会募金切手

1997年発行の募金付き切手で、額面80円に長野オリンピック開催のための募金として10円が上乗せされています。絵柄が2種類あり、小型シートに絵柄2種類の切手が綴られた状態で販売されました。発行数は2,000万枚とオリンピックの募金切手としては少なめですが、それでも現存数が多いために買取相場はほぼ額面かそれ以下です。

2020年東京オリンピック記念切手の買取価格相場を予測

2020年開催の東京オリンピックにおいても記念切手が発行される予定です。2019年3月12日に寄付金付きで発売が予定されているものと、2016年から2018年にかけて、東京海上日動で保険の見積もりをした時に配布されたオリジナルフレーム版が数種類あります。

現在のところ、東京海上日動のオリジナルフレーム版はオークションで1,000円程度の価格で取引されています。2019年3月12日に発売されるものはまだ発売前なのでどうなるかは不明ですが、これまでのオリンピック切手と同じようにほぼ額面が相場になると予想されます。

万博記念切手・大日本帝国切手の買取価格相場はどのくらい?

万博記念切手はオリンピック切手と同様で発行数が多く、未使用の状態で大量に残っているため、ほぼ額面かそれ以下が相場です。大日本帝国切手の場合は切手の種類にもよりますが、残存数が少なく希少性が高いものが多いので、未使用、使用済みともに高額です。安いものでも数千円から数十万円、高いものになれば数百万円の相場価格になります。

オリンピック切手の買取におすすめな出張買取業者

オリンピック切手はほぼ額面通りの買取額になりますが、エラー切手の場合はある程度の価値がつくので、オークションとは違い確実に売れる専門業者に売却するのが高く売るためのポイントです。

最短30分でスピード買取してくれる「バイセル」


引用元:バイセル公式HP

出張買取の大手業者で、着物や貴金属の買い取りのほかにも切手の買い取りに対応しています。査定員が訪問して査定する対面方式で、交渉による買取価格の上乗せがしやすく、説明もその場で受けられるので納得できる売却ができるのが特徴です。査定してもらった結果切手を売らなかったとしても、手数料などは一切発生しません。

公式サイトはこちら

バラ切手も丁寧に査定してくれる「買取プレミアム」


引用元:買取プレミアム公式HP

出張買取と宅配買取、店頭買取ができる大手の買取業者です。中古買取業者ですが、切手の買い取りもできます。一般的な業者では買取対象外とされることもあるバラ切手でも査定を出すので、1円でも高く売りたいときには有利な業者です。

公式サイトはこちら

プレミア切手も誠実に査定してくれる「福ちゃん」


引用元:福ちゃん公式HP

希少価値のある切手の買い取りから、相場の安い切手まで買い取れる業者で、出張、宅配、店頭での買取ができますが、宅配の場合は売却を拒否すると配送料がかかります。中国切手の買い取りに強いのが特徴です。

公式サイトはこちら

オリンピック切手の買取なら出張買取「バイセル」がおすすめ!


引用元:バイセル公式HP

バイセルは売却までの時間が早く、オリンピック切手のような価格のつきにくい切手でも買取が可能です。多少状態が悪い切手でも買い取れる業者なので、確実に切手を相場価格に近い値段で売りたいのなら、おすすめしたい業者です。

公式サイトはこちら