発行年月日1947年11月1日
額面の種類1円(5枚シート)
買取における価値★★★☆☆

「山下白雨」切手の概要

「山下白雨(さんかはくう)」は、切手趣味週間シリーズの第一回目として発行された「1円を5枚組み合わせた切手シート」です。発行日は1947年11月1日、300万枚が発行されました。

葛飾北斎が描いた浮世絵である「富嶽三十六景 山下白雨」が図柄として用いられており、糊・目打ち(切手のミシン目)が無いの特徴です。

「切手趣味週間」は今となってはコレクター界で人気シリーズとなっていますが、発行当時は人気が思った以上に伸びず大量の在庫を抱える事態となっていました。

しかし翌年1948年に「葛飾北斎100年祭」が催される運びとなったため、在庫を抱えていた「山下白雨」に加刷(印刷された切手に重ねて印刷すること)を施し、「北斎百年祭」切手シートとして再販したところ無事に完売したそうです。

「山下白雨」切手の買取価格

額面・種別並品美品
1円×5枚150円~200円200円~300円

「山下白雨」の買取相場は美品状態で約200円~300円、並品状態で150円~200円前後となります。ただし保存状態が悪いと価値は下がり、相場以下の価格となる場合もあります。

おすすめの切手買取業者

おすすめの切手買取業者を3社ご紹介したいと思います。

切手の価値を正しく評価するためには専門知識が必要になります。今回ご紹介する買取業者は切手に関する専門性が非常に高く、古い切手でも価値を考慮した質の高い査定をしてもらえますのでおすすめです。

また各社ともにサポート体制が徹底されており、分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。切手の知識ゼロの方でも安心して利用できると思いますので、切手を売る際はぜひ検討してみてください。