発行年月日1949年11月1日
総発行枚数200万枚
額面の種類8円
切手の価値高い

切手趣味週間「月に雁」切手の概要

「月に雁」は切手趣味週間シリーズの第3弾として発行された記念切手(特殊切手)です。

発行日は1949年11月1日。額面は8円の1種類のみ、発行枚数は200万枚となっています。

図柄には江戸時代の浮世絵師「歌川広重」によって描かれた「月に雁」が採用されています。図柄に浮世絵が選ばれた背景としては、切手趣味週間シリーズ第2弾にあたる「見返り美人」が爆発的な人気を誇り、発売早々に完売したことが要因となっています。

切手のサイズは”縦67mm×横30mm”と非常に大きく、こちらに関しても「見返り美人」にならって同様の仕様が採用されています。

ちなみに「切手趣味週間シリーズ」は、逓信省(現:日本郵政)が切手の普及・販促を目的として制定した「切手趣味の週間」にて毎年発売される切手です。

つまり「月に雁」は大成功を収めた「見返り美人」の第2号ともいえる切手であり、制作陣は消費者の期待に応える必要がありました。故に図柄は浮世絵、切手のサイズは大型という「見返り美人」と完全に同じ仕様での発行となっています。

しかし、発行当初は思った以上に人気が伸びず在庫を抱える事態になってしまいます。ただ後の高度経済成長期を迎えた日本で空前の切手ブームが巻き起こり「月に雁」は徐々に価値が上昇、現在ではプレミア切手として取り扱われるようになっています。

また「月に雁」は1996年に”郵便切手の歩みシリーズ第6集”の図柄として再登場しており、こちらは「月に雁」の復刻版の立ち位置となっています。

切手趣味週間「月に雁」の買取相場

1949年 初版「月に雁」

切手趣味週間「月に雁」
  • 額面:8円
  • 並品:2,600円
  • 美品:6,200円
  • 使用済:1,900円

初版「月に雁」の買取相場は美品状態で6,200円前後です。

切手趣味週間シリーズの代表ともいえる「見返り美人」と肩を並べる程の人気を誇る切手であり、単片状態でも安定した高価買取が期待できます。ただ5面シート状態であれば買取相場は34,000円まで跳ね上がります。

1996年 郵便切手の歩みシリーズ「月に雁」

郵便切手の歩みシリーズ「月に雁」
  • 額面:80円
  • 並品:50円
  • 美品:60円
  • 使用済:10円

郵便切手の歩みシリーズ「月に雁」の買取相場は美品状態で60円前後です。

こちらは復刻版として登場した”郵便切手の歩みシリーズ第6集”の「月に雁」です。初版の色合いに寄せた単色印刷とカラー印刷の2色展開が行われており、ペアとなった「見返り美人」と一組になった16面シートにて発売されました。

比較的に新しい切手ということからプレミア価格は付いておらず、額面ベースでの買取となります。買取店によって値段が上下しやすく、単片状態だと価格割れとなる場合もあります。

その他「切手趣味週間」切手の買取相場について知りたい方は上記記事を併せてご覧ください。

おすすめの切手買取業者

おすすめの切手買取業者を3社ご紹介したいと思います。

切手の価値を正しく評価するためには専門知識が必要になります。今回ご紹介する買取業者は切手に関する専門性が非常に高く、古い切手でも価値を考慮した質の高い査定をしてもらえます。

また各社ともにサポート体制が徹底されており、分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。切手の知識ゼロの方でも安心して利用できると思いますので、切手を売る際はぜひ検討してみてください。