漫画本やコミックを売る場合は、大抵が引越しや部屋の片づけなどのキッカケがあるため
1冊だけではなく、複数冊売ることが多いと思います。

今まで集めていた全巻を数種類となると、数十冊、数百冊をまとめて売ることも珍しくありません。

その時に買取相場より安いショップを利用するとどうなるでしょうか?

1冊の買取が10円~20円しか変わらない場合でも、100冊に数が増えると1,000円~2,000円は普通に変わってきます。

このようにマンガやコミックを売る時には、買取相場が高いショップを選ばないと損をすることになるので、どのようなショップで売るとお得なのかなど、選ぶポイントを見ていきましょう。

漫画本やコミックの買取相場の基本

本

あなたは本を売る時はどこを利用しようと考えますか?

大抵の場合は、近所の大手チェーン店か街の古本屋さんが選択肢に上がると思いますが、
残念ながらこちらを選んでしまった場合は大きく損をしている可能性があります。

基本的に選ぶなら、漫画本の買取相場はネット買取が優位性が高く、
次に古本屋さん、そしてブックオフやゲオなどの大手チェーン店の順になります。

ネット買取 > 古本屋 > 大手チェーン

それではなぜこのような優位性が生まれるのでしょうか?
古本の相場が買取先によって変わる具体的な理由を見て行きましょう。

買取先で相場が変わる理由

1.価格査定が一律の≪大手チェーン店≫

bookoff

ブックオフやゲオなどの大手チェーン店では、買取の簡素化を行っているため、人気・売れ筋・レアなどにかかわらず買取額は一律です。

詳しくはブックオフでの買取が激安になる理由にまとめていますが、発売時期や本の状態でしか査定の判断基準はないため、買取額はかなり低くなります。

また、出たばかりの本でも、状態が少しでも悪ければ減額の対象になり査定額からマイナスされてしますので、どうしても相場よりも高く売ることは難しくなっています。

2.流行ものでも価格反映されない≪古本屋さん≫

古本

古本屋さんは本気の商売から趣味でやっているようなお店があるので、一概に言えませんが、査定は一律ではなく、価値やその店の需要なども反映してくれるので、買取額に関しては大手チェーン店よりも高くなることが多いです。

しかし、映画、ドラマ、アニメでの映像化された時や、漫画大賞を受賞したときなど、漫画買取の価格相場が激変する時には反映されていないことが多く、買取相場では可もなく不可もなくと言ったところが現状です。

3.コストをカットし相場を常時チェックの≪ネット買取≫

PC

ネット買取の最大の強みはコストカットし、その分を買取額に反映することにあります。

漫画やコミックの買取をネットで運営しているショップの多くは、実店舗を設けず、サイトでの集客をしているとこがほとんどです。

この分、大手チェーンに比べて知名度は低くなりますが、店舗費や人件費などを大幅にカットし、浮いた分を買取額に反映することができます。

また、ネットで運営しているので流行には敏感なのも特徴で、人気・需要・レア・映像化など価格が変動した場合にはすぐに査定額に上乗せされるので、例え古い本でも価値が付き、高額買取に繋がり易いのです。

その根拠を示す口コミなどを見ても分かるように、ブックオフなどの実店舗運営している買取ショップで売ったときよりも、ネットの宅配買取などを利用して売った方が高くなったという声が多数あることからも、古本の買取相場はネットの方が高くなっていることが感じ取れると思います。

ネット買取、その他の優位性

買取相場

相場

古本屋や大手チェーン店の相場は、0円からの買取で高くても100円が基本相場になります。

また、そこから使用感や傷などで減額されるので、ほとんどの場合は、10円前後の査定になり、少しでも古い漫画本やコミックになると買取額が付かない0円査定になることも珍しくありません。

もちろんネットでも、買取不可の商品もありますが、よほど状態がひどい場合のみで、相場を見てみると定価600円の古本でも、人気次第では300円を超える金額が付くこともあるため、
本を1冊売って何百円の差額が出たりします。

キャンペーン

キャンペーン

ネット買取のさらに優位性を押し上げるのがキャンペーン数にあります。

実店舗で買取額アップのキャンペーンする時には、広告やCMで宣伝してから行う手間があるので、数が少なくなっています。

また、見逃してしまえば店舗に確認しに行く必要があるので、売り時を逃しやすくなります。

しかし、ネットの場合はサイトでキャンペーン情報を流せばいいだけなので、手間をかけることがなく開催しやすいですし、利用者もサイトを確認すれば分かるので売り時を逃しにくいですよね。

また、『質』も高く、数百円アップから時期によっては30%買取額アップキャンペーンなども行っていることもあります。

キャンセル

キャンセル

実店舗での買取は店に行き対面での査定のため、断ると、『店員さんに申し訳ない』または『わざわざ持ってきたし…』、などの気持ちから査定額に納得いかなくてもそのまま売ってしまうケースが多くなります。

しかし、ネット買取の場合は査定結果はほとんどがメール、もしくは電話での対応になるため、納得できないのであれば気兼ねなくキャンセルを伝えることができます。

また、ネット買取は郵送での取引になるので、持ち込む手間がない分、自分の査定額に見合う次の買取ショップへも行きやすいです、

ネット買取のデメリット

デメリット

ここまではネット買取の相場や優位性を見てきましたが、デメリットも存在します。

利用する上でのデメリットは、大きく分けて3つあるので、確認していきましょう。

ネット買取のデメリット

1.査定結果が出るまでが遅い!
2.キャンセル時の送料負担!
3.悪徳業者もいる!

それぞれのデメリットについて解説していきます。

1.査定結果が出るまでが遅い!

SLOW

通常の買取ではお店に持っていて数分~数十分で査定結果が出ますが、ネットでの買取は基本的に郵送買取なので、早くても数日はかかってしまいます。

発送の際の送料は負担する必要がないのですが、一刻も早く査定・入金をして欲しい方には向いていません。

なので、持っていけないぐらい大量に本がある場合や、高い査定額を望む人以外は利用するのは控えておいた方がいいでしょう。

2.キャンセル時の送料負担!

0円

実店舗での買取の様に持ち帰る手間はないのですが、キャンセルした際は送料を負担する必要があります。

ただし、すべてのネット買取で送料の負担を強いているわけではありません。
あくまで一部ということです。

下記に返送料を負担しているショップの情報などを載せているので、参考にしてみてください。

3.悪徳業者もいる

悪徳業者

ネット買取では対面で顔が見えないことをいいことに、いい加減に査定する業者も存在しています。

査定結果が低いならまだしも、中には買取できない本ばっかりだったので、処分代をも請求してくる業者もいるようです。

そういった悪徳業者の見分けたとしては、サイトを見て綺麗な作りになっているかを確認し、問題がないようでしたら、口コミや評判を確認することが重要です。

極端に口コミが少ない場合や、悪い口コミだけの業者はスルーしていた方が無難です。

ネット買取ではこのようにデメリットがあるので、上記のことに注意してショップを選べば問題ないと思いますが、

初めての買取で失敗しないように、私が厳選した漫画・コミックの買取業者をランキングにし、特徴などを載せているので、ネット買取を利用する際はお役立てください。

口コミと実際に利用して決めた漫画買取業者ランキング

第1位 Vaboo


Vaboo

この本きっと読まないと思っていても売りに行くのはめんどくさいし重い・・

そんな方にはVabooがおすすめです!

どこの漫画買取サイトよりも対応が丁寧なため、男性客はもちろん女性の利用客が多いことでも有名です。

面倒な会員登録等も一切なく、売りたい本を段ボールに梱包して家で待つだけで最短当日に買い取りに来てくれます!

価格も驚くほど高値で、発売3カ月以内のものを定価の30%以上を保証してくれます。
そのほかの商品も定価の20%など業界では高値で買い取ってくれます!

Vabooは売る本が多ければ多い程査定金額が上がります!
「一つの作品全巻をまとめて売りたい」
「この機にいらない本は全部売りたい」
という方は高い査定額が期待できますよ!

Vabooの評判、口コミ

第2位 ネットオフ

ネットオフ

元々は中古本販売のブックオフ系列でしたが、現在はTUSTAYAを運営するCCCという会社の傘下で運営を続けています。

漫画の買取サイトとしてはネットオフが一番大企業によって運営されており、他に比べると圧倒的に高い信用力を誇っています。

1冊から売れる!「ポストにポン!」

大量に売るわけではなく、最新のコミックを読み終わったらすぐ売りたい人には「ポストにポン!」というネットオフ内の買取サービスを使うのがオススメです!

最新作、人気作の1点買取専門のサービスとなっており、毎月漫画を買うけど、コレクションはしない、という人にはとっても嬉しいサービスですね!

ネットオフの口コミ

第3位 ブックサプライ


ブックサプライ

ブックサプライは買取サイトの中でも良心的な買取サイトです。

なによりも、ブックサプライは2012年から運営されているサービスでどの買取サイトよりも流行などの市場調査を行うのがうまいし、早いです!
なので、古い本でも需要があれば高く買取ってくれます!

ブックサプライの口コミ

第4位 BUY王

BUY王
BUY王はアイドルグッズだけでなく、書籍やCD、DVDなどの買取も行っています。

査定の早さには定評があり、22時までに申し込めば最短翌日の午前中に集荷が可能になり、2営業日以内に金額の連絡があります。

しかも、一点ごとに値段を教えてくれるのでとても透明性の高い買取をしてもらえます。

ただ、20点以上の品物がないと送料が無料にならない点は注意しなくてはいけません。

また、他社ではほとんどのところが行ってくれる段ボールの郵送は行ってくれません。

BUY王の口コミ

第5位 駿河屋

駿河屋

駿河屋はインターネットでの買取で15年以上の実績がある大手の買取ショップです。

漫画の買取方法として「あんしん買取」と「かんたん買取」の二種類から選べるところが特徴です。

あんしん買取では商品の発送前に買取価格の目安が分かる点がポイントです。

また、見積もり価格が3,000円以上なら送料が無料になります。

かんたん買取は手持ちの段ボール箱に品物を詰めて送るだけで、送ってから査定してもらいます。
こちらは30点以上の商品があれば送料が無料になります。

駿河屋の口コミ

vaboo(バブー)のおすすめ理由!

Vaboo

漫画を買取で№1に選ばれたのはVabooでした!

ランキングの中でも少し触れていますが、
なぜ1位に選ばれたのか!?
より詳しいVaboo(バブー)のおススメポイントを解説していきましょう。

vaboo(バブー)のココが凄い!

発売時期での買取額保証

vabooでは本だけに限らずCDやDVD、ゲームなど、発売時期で買取額を保証しています。

買取額保証
発売から3ヶ月以内⇒定価の30%以上保証
発売から6ヵ月以内⇒定価の20%以上保証
発売から1年以内⇒定価の10%以上保証

例えば、定価で発売された本が著者のトラブルにより価格が暴落した場合や、ゲームソフトの手抜きがバレて価格が暴落した場合、どこの買取業者も損をしたくないので、買取価格を他の中古本と同等かそれ以下に下げてしまいますが、発売時期での買取額保証があるVabooは設定されたライン以下の金額にはなりません。

古い商品でも高額になる独自査定

vabooでは古い商品でも、状態が悪い物でも価値あるものにはしっかり高額査定してくれます。

その理由は独自の査定ルールを設定しており、大手通販サイトのAmazonで人気があるか?、価格はどうか?、稀少性は?などの観点から商品の価値を判断していくので、古い物でも買取額に反映されます。

つまり余所で価格が付かなかったものでも金額が付きやすいということです。

業界トップのスピーディ買取

特にスピード買取に力を入れていて、集荷、査定、振込までがスピーディです。

思い立った時に売りたい場合など、15時までに注文するとその日の内に集荷しに来てくれるのでやる気を削ぎません。

また、査定や振込に関しても商品到着後2営業日以内に査定結果の連絡があり、その金額に納得がいった場合は翌営業日には振込が完了しています。

つまり、月曜集荷すれば木曜日には振込が終わっている程のスピード対応です。

5点から送料無料とハードルが低い

漫画本やコミックは薄利多売の為、各社商品を20~30点送ることを送料無料なる条件に設定しているのですが、

バブーの場合は5点から送料無料になるので、ちょこちょこした物を処分したい場合でも利用しやすくなっています。

返送料まで無料

商品を送ったあとの提示された査定額に納得できなかった場合は、『そんなら他のところで買取してもらう』と、なると思いますが、通常の買取ショップでは、返品してもらう時の送料はあなたが負担することになります。

しかし、Vaboo(バブー)では、この返品の際の送料も負担しています。

商品価格が低い本やCDなどではリスクが大きいので、返送料まで負担するところはありませんが、これは買取額に自信があるゆえの返送料無料ということでしょう。

漫画買取はネットよかった

査定額を比較したり、一番高いショップを探したりとあっちこっち送ったりするのが面倒な方は最初からVaboo(バブー)に送っておけば、買取額の面でも返品してもらう時もリスクがないので安心して利用するのではないでしょうか。