壊れた時計や動かない時計はかなり売れにくいです。
買取専門店に頼んでもなかなか買い取ってもらえません。

しかし、壊れた時計をそのまま眠らせておくのはもったいないですよね?

なので、一度買取してもらえるかどうかは試してみましょう。
この記事では、壊れた時計でも積極的に買取をしてくれる時計買取サイトをご紹介します。

どんなに良い時計でも壊れることがある

まず、前提として、どんなに出来の良い時計でも壊れる事があるということです。
「高級な時計だから壊れない」と思っている人もいるかもしれませんが、時計は機械ですので当然壊れることがあります。
精巧で巧妙に作られている高級時計であれば、壊れる可能性が低くなるだけで、決して壊れないとういわけではないのです。

また、時計の出来がどれだけ良くても、扱いが雑であったり、不慮の事故で壊れる可能性もあります。
そういった事も踏まえ、壊れた時の対処法、壊れた時計をどうすれば買い取ってもらえるかなどを確認しておく必要があります。

時計が壊れる原因TOP3

時計が壊れる原因は大きく3つに分けることが出来ます。
まずは時計が壊れる原因となる事を認識し、トラブルの原因を未然に回避することが時計を長持ちさせる第一歩です。

① 強い衝撃を与えた

時計が壊れる原因として多いのは、高いところから落としてしまったり、ぶつけた時に強い衝撃を与えたという事が多いです。

もちろん、ある程度の衝撃に耐えられるような構造にはなっていますが、精密機械ですのでやはり衝撃には弱いのです。

特に腕時計は外出時に持ち歩くのでこういったトラブルは起きやすいです。
どれだけ注意していても、ちょっとした気の緩みなどで落としてしまったり、ぶつけてしまう事があります。
トラブルはある程度覚悟して置かなければなりませんが、もしもの時の為に修理や買取をしてもらえるお店を事前に見つけておく事で安心ができるでしょう。

② 水没・水によるトラブル

水没や水によるトラブルも完全に防ぐことの難しいトラブルです。

ポケットに入れていた腕時計をそのまま洗濯してしまったり、トイレに腕時計を落としてしまった、という人もいます。
水没などの水のトラブルはちょっとした不注意から発生します。起きてしまった時の自己嫌悪はなかなかのものです。

対策としては、水回りの近くでは、腕時計の取り外しはしない、取り外した腕時計の置き場所をしっかり記憶しておく等です。
普段から意識しておくことである程度は防ぐことができますので、大切な腕時計の為にも日頃から習慣にしておき、トラブルを未然に防ぎたいものですね。

③ 強い磁気による動作不良

日常生活に追いて、強い磁気を発するものはそれほど多くありません。
しかし、腕時計が磁気の影響を受け正常に動かなくなったり、時間が狂ったりするトラブルをちらほら耳にすることがあります。

例えば、マグネットで開閉を行うバッグの中に長時間入れておくと腕時計が「磁気帯び」してしまう事があり、動作不良が起きてしまいます。
その為、マグネット式のバッグの中に長時間放置するといった事や、強い磁気を帯びた物の近くに置かないということを意識する事で防ぐことができます。

その時計は本当に壊れているのか?

動かなくなった腕時計を見て「故障した・・・。」と勘違いして、捨ててしまうのは非常にもったいない事です。
まずは、故障しているかどうかを簡単にチェックしてみましょう。

① リューズを押してみる

腕時計が動かなくなってしまった原因として、リューズが引かれたままになっている事があります。

まずは、リューズがしっかり押されているかどうかをチェックしてみてください。
そして、ちゃんとリューズを巻けるかどうか確認してみてください。
この時に勢い良く巻き過ぎると別のトラブルの原因になりますので、リューズを巻くときはゆっくりと巻き上げるようにしてください。

※リューズ(竜頭)・・・腕時計の右側に付いているツマミのことです。リューズを回すことで、ゼンマイを巻き上げたり時刻を合わせる事ができます。

② 電池の確認

リューズの確認をしても動かない時は電池の有無を確認してください。
ロレックスやオメガなどの高級腕時計といえば自動巻きなどの機械式を思い浮かべますが、電池式の高級腕時計もあります。
電池式を使っている人は電池残量の有無を確認してみてください。

③ 水没した時は場合は水気を拭いてしっかりと乾かす

もし、水没等で腕時計が壊れたしまったと思うときは、しっかりと水気を除いて乾かすことで、また動き出すかもしれません。

可能であれば腕時計を分解して中に入った水をしっかりと乾かしてください。
もし、自分で分解するのが難しければ、腕時計を買った店舗や、近くの腕時計専門店などに問い合わせてみるのも良いでしょう。

水没時の状況にもよりますが、ちょっとした水没程度であれば、また復活する可能性がありますのであきらめないでください。

壊れた時計は買い取りしてもらえる

腕時計が壊れたから、新しい腕時計に買い換えようと考えている人もいるかもしれません。
でも、ちょっと待ってください。
実は壊れたと思っている腕時計、買い取ってもらえるんです。

壊れ方次第では、「まだ大丈夫」なんです。
時計の壊れ方には「プロ目線で壊れた」と「素人目線で壊れた」の2つパターンがあります。

プロ目線で壊れたというのは多くの場合が時計の設計内部が壊れた場合です。
逆に、素人目線で壊れたというのは多くの場合が時計の外見や針の動きが壊れた場合です。
ここの差は非常に大きいんです。

なぜなら、素人目線の壊れたというのはプロからすると実はなんでもない場合が多いんです。
そのため、今売ろうか迷っている「壊れた時計」は実は壊れていないかもしれません。
その場合は、多少値は下がりますが売れます!

買い取ってもらえない壊れ方

以下の項目に当てはまる時計は買取不可の場合が多いです。


➀ 定価10万以下のひび割れ時計
➁ 画面部分が大きく損傷している
➂ 明らかに挙動がおかしい

基本的に、修理にかかる費用が時計の定価の半分以上かかるような時計は買取してもらえません。

逆に、これに当てはまらない時計は買取の可能性は十分にあります。


➀ 時計の針が少しずズレる
➁ 電池がないだけ
➂ バンド部分に関する不良

プロならこの程度の故障はすぐに直せてしまうんです。

壊れた時計を査定してくれる買取サイト

壊れた腕時計はどこでも売れるわけではありません。
店舗に持っていっても断られる事も多いでしょう。

しかし、一括査定サイトを利用すればまとめて買取業者に見積もりを出すことが出来ます。
その為、すぐにどこが買い取りしてくれるのかがわかります。
しかも、インターネットから申し込むだけだから手間もかかりません。

おすすめは最短1分で申込できる時計査定の窓口

「時計査定の窓口」はあなたの腕時計の写真を送るだけで概算の見積額を出してくれる便利なサイトです。
しかも、まとめて8社に見積もりを出せるから買取ってくれる業者がすぐに見つかるのです。

写真を取って簡単な情報を入力するだけだから最短1分で見積り依頼を出すことが出来ます。
壊れた時計は買取ってくれる業者を見つけるだけでも大変ですが、「時計査定の窓口」なら大幅に手間を省け便利です。

▼▼申込は簡単!1分あればすぐできる時計査定サイト▼▼

おすすめの記事