切手を売ろうとしたものの使用済みの消印が押してあって、残念だけど売れないな~と思ったことはありませんか。しかし、実は切手の世界は奥が深く、レアな切手は使用済みであっても買い取ってもらえることがあるんです!

今回は、以下について紹介していきます。

  • 使用済みの切手でも買取してもらえるケース
  • 使用済み切手を売るコツ
  • おすすめ買取業者

使用済みの切手は買取してもらえる?

使用前の切手であれば、少なくとも額面金額の価値があるものですが、消印が押されて使用済みの切手は、もう使用することができません。直接的な金銭的価値はないため、普通の金券ショップでは買い取ってもらえませんが、場合によっては買い取ってもらえることもあります。

ここでは、使用済み切手でも買取してもらえる場合について、以下の内容をお伝えします!

  • 消印があっても買取可能な場合もある
  • 中国切手は使用済みでもある程度の価格が付く
  • 切手買取専門店なら買取してもらえる場合が多い

ちなみに封筒やハガキに一度貼ってしまった後でも、消印が押されているわけではなく、きれいに剥がすことができれば、使用前切手として扱われることもあります。

消印があっても買取可能な場合もある

付加価値のついたいわゆるプレミア切手ならば、コレクターにとって価値があるため、買い取ってもらえることがあります。コレクターにとって価値が高い切手とは、発行枚数が少ないものや古いもの。つまり、現在市場にほとんど出回っていないものです。どれくらい古い切手なら付加価値が付くのかというと、一つの基準になるのは昭和30年以前のものかどうかです。

昭和30年代の切手も発行から数十年経っていて古いのですが、じつは30年代から世の中に切手ブームが起こり、発行量が全体的に増加しました。それで昭和30年より前のもの、特に明治や大正時代の切手にはプレミアが付くことが多いのですが、それ以降のものはあまり今後の値上がりが期待できない状況です。

古ければ古いほどプレミアが付く可能性が高くなりますが、一概に古ければいいというわけでもありません。特に価値が高いとされるのは、小判や菊、月、見返り美人などの図柄の切手。また、明治5年以前の切手です。これに関しては、実際の明治時代の実消印が押されていると、価値が下がるどころかさらに上がります。

中国切手は使用済みでもある程度の価格が付く

プレミア中国切手と呼ばれる類のものは、特に価値が高く、市場でも数十万の値が付くことがあります。たとえば、1980年の赤猿切手は、赤い背景に猿が描かれているデザインで、文化大革命の真っ最中に発行されました。当時の中国では切手収集が禁止されており、外国に切手を輸出することも禁じられていたため、手に入りにくい切手です。

1963年と1973年に発行されたオオパンダ切手シリーズは、さらに高い値が付きます。水墨画のパンダが描かれたデザインで、6種類あります。1970年代のパンダブームに乗ってかなり発行されていますが、保存状態が良いまま残っている切手は少ないため、高額取引されます。

中国切手としてさらに価値が高くなるのは、毛沢東をモチーフにしたシリーズです。詩詞を書く毛沢東氏が描かれているものや、詩詞を図柄にしたものなど、14種類あります。もし14種類のセットが揃っていれば、保存状態によりますが数十万円という値が付くことになるでしょう。

最近は中国の富裕層が中国切手の収集に興味を持つことが増えているそうなので、もし自宅に中国切手のコレクションがあれば、一度査定に出してみることをおすすめします。

切手買取専門店なら買取してもらえる場合が多い

切手は骨董品の中でも特殊な分野であるため、普通の金券ショップに持ち込んだりオークションに出品したりするより、切手買取専門店に査定に出すのが賢明です。

たとえば、遺品の中に珍しい切手を収集したアルバムなどが見つかったら、そのまま専門店に持ち込んでみましょう。多少保存状態が良くなくても、消印が押されていても、意外な高値が付くかもしれません。

使用済み切手を買取してもらうコツ

切手 使用済み

古くて珍しい切手であれば、使用済みであっても買い取ってもらえる可能性があることが分かりました。ここからは、使用済み切手をできるだけ高く買取してもらうために注意したい次のポイントを紹介します。

  • 消印の種類もわかるように切り取る
  • メルカリなどのオークションサイトは避ける
  • 切手買取専門店に査定してもらう

消印の種類もわかるように切り取る

消印が付くと使用済みという扱いになるものの、価値の高い切手はそれでも買い手が付くことがあります。それだけではなく、消印そのものにも時期や場所によっては価値が付くことがあるので、できるだけきれいに印が押されている状態だと高く売れることになります。

一番良いのは切手の枠内に収まるようにきれいに消印が押されていることですが、そうでなくても、消印の全体を囲むように、切手の周りごと切り取っておきましょう。

メルカリなどのオークションサイトは避ける

ネットオークションを利用すれば、幅広く買い手を探すことができます。しかし、ネットオークションでは高値で買い取ってくれる人は中々見つかりません。

メルカリなどを利用する人たちは基本的に、希少価値が高くても安い、いわゆる掘り出し物を探していることが多いものです。レアな切手の価値が分かる人もいるでしょうが、できるだけ高く買い取ってくれる人を探したい時は、ネットオークションは向いていないことを覚えておきましょう。

切手買取専門店に査定してもらう

切手買取に特化した専門店であれば、切手の市場価値を正しく査定してくれるだけでなく、プレミアに応じた買取価格を提示してくれます。そういう専門店には常連客が付いていて需要もあるため、査定や買取をスピーディーに行ってくれて便利です。

また、切手マニアの中には消印に価値を感じる人たちもいます。切手買取専門店であれば、そんな消印の価値も考慮して査定を行ってくれるでしょう。特殊な消印が押されていれば逆にプレミアが付くこともありますので、どんな消印なのかも確認しておくことをおすすめします。

たとえば、国家的な記念行事の際にのみ使われる大型の記念印「特殊通信日付印」があります。直径36ミリほどの大きさで、特定の日にしか用いられないため、この消印がきれいに押されている切手は付加価値が付くことがあります。

また、「小型記念日付印」と呼ばれるものもあります。全国切手展などのイベントの際に用いられる、直径33ミリと少し小型の印です。これも期間限定で用いられるため、プレミアが付く可能性があります。

全国の郵便局の中には、その土地の名所を描いた特別の印を使っていることがあります。たとえば、渋谷郵便局ではハチ公の描かれた印が押されます。これらは「風景入通信日付印」と呼ばれ、コレクションしているマニアもいるようです。

使用済み切手の査定におすすめな出張買取業者

使用済み切手を買取してもらうコツでもお伝えしたように、使用済みを切手を売るなら、切手の価値を正しく査定してくれる業者を選ぶことが大切。そこでおすすめしたいのが、使用済み切手も査定してくれる次の3業者です。

  • バイセル
  • 買取プレミアム
  • 福ちゃん

最短30分でスピード買取してくれる「バイセル」

バイセル
引用元:バイセル公式HP

月間20,000件以上の買取に関する問い合わせがあるバイセルは、他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却するという、高価買取に自信を持つ業者です。24時間電話受付のうえ、全国に無料でスピーディーに出張し、現金即払いで買い取ってくれます。様々な分野の買取を行っていますが、使用済み切手に関しても実績があって安心です。

公式サイトはこちら

1枚でも誠実に査定してくれる「買取プレミアム」

買取プレミアム
引用元:買取プレミアム公式HP

使用済み切手1枚のためでも査定に来てくれる買取プレミアムは、24時間365日誠実に対応してくれます。査定員として女性スタッフを指定することもできるので、女性の一人暮らしの方にはおすすめです。

公式サイトはこちら

プレミア切手も丁寧に査定してくれる「福ちゃん」

福ちゃん
引用元:福ちゃん公式HP

0円の宅配査定キットも用意している福ちゃんでは、プロの査定員がプレミア切手も一枚一枚丁寧に査定してくれます。思わぬ価値が付くこともあるため、自宅に眠っている切手コレクションがあれば、査定依頼してみると良いでしょう。

公式サイトはこちら

使用済み切手の買取なら出張買取「バイセル」がおすすめ!

バイセル
引用元:バイセル公式HP

使用済み切手の買取について、おわかりいただけたでしょうか。

ここまでみてきた内容を振り返ってみましょう。

使用済みの切手は買取してもらえる?

  • 消印があっても買取可能な場合もある
  • 中国切手は使用済みでもある程度の価格が付く
  • 切手買取専門店なら買取してもらえる場合が多い

使用済み切手を買取してもらうコツ

  • 消印の種類もわかるように切り取る
  • メルカリなどのオークションサイトは避ける
  • 切手買取専門店に査定してもらう

おすすめな出張買取業者

  • バイセル
  • 買取プレミアム
  • 福ちゃん

切手買取専門業者はいくつもありますが、取り扱いの経験が豊富なバイセルが一番おすすめ。状態の良さによって価格が変化する使用済み切手に関して定評があります。どんな切手の査定もしてくれますので、まずは気軽に問い合わせてみるといいでしょう。

公式サイトはこちら