長年に渡って収集されてきた切手のコレクション。
いざ売ろうにも「どこに売るべきなのか」「どうしたら高く売れるのか」分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、切手を売る前に知っておきたい基礎知識、高く売る方法やオススメの買取業者について解説したいと思います。

具体的に今回ご紹介する内容が以下。

切手の価値で買取相場は違う

切手はその価値によって買取価格の相場が違います。

古い切手だから必ず高く売れるというものではないので、自分がどんな切手を持っているのかしっかり把握しておきましょう。

ここでは切手の価値買取価格の相場について以下の内容を解説したいと思います。

  • 切手の価値・額面を調べる方法
  • 切手の種類と買取価格
  • 額面以上の買取価格は難しい

切手の価値・額面を調べる方法

切手の価値・額面を調べるには日本郵趣協会発行の「さくら日本切手カタログ」がオススメです。

日本で発行された切手なら、この一冊だけで全種類の額面や発行年が調べることが可能です。

またインターネットが普及している今なら、有名な切手なら簡単に価値を調べることもできますので一度調べておきましょう。

切手の種類

切手は大きく普通切手、記念切手・特殊切手、プレミア切手の3種類に分けることが可能で、それぞれの買取価格の相場は異なります

ここでは3種類の切手の特徴や買取相場について解説したいと思います。

普通切手

普通切手
画像引用:日本郵政
普通切手は、はがきや郵便物などの配送物に使用することを前提として発行された実用的な切手です。

発行部数も記念切手や特殊切手と比べると圧倒的に多く発行されています。

買取価格の相場としては、切手の額面より買取価格は下回ります。

ただし中には普通切手でも一部のプレミア切手に属するものは額面以上の買取価格が付く場合もあります。

記念切手・特殊切手

記念切手
画像引用:日本郵趣協会
記念切手・特殊切手は、ある期間だけ限定的に発行された切手を指します。

例えば「切手趣味週間」や「世界遺産シリーズ」などが該当します。

これらの切手はコレクターに人気の切手となっており、切手買取の中でも需要の高い切手に分類されます。

しかしながら買取相場としては普通切手と同様、切手の額面よりも買取価格が下回る傾向があります。

プレミア切手

月に雁 見返り美人
画像引用:日本郵趣協会
プレミア切手とは、過去に発行された切手の中でも特に人気があり希少価値が高い切手を指します。

例えば「見返り美人」や「月に雁」など、切手収集が流行となった時代に発行された人気の切手が一般的に有名です。

流行以前に発行された手彫切手も、発行部数が少なく希少価値が高いためプレミア切手とされています。

また投機目的で買取相場が高騰している中国切手もプレミア価格で取引されています。

こういったプレミア切手に関しては、切手の額面以上の買取価格を期待することができます。

額面以上の買取価格は難しい

ここまでで共通して言えることが、プレミア切手を除く切手は額面以上の買取価格で売ることが難しいということです。

普通切手や記念切手に該当する52円切手を10枚、シートで持っている場合。

買取相場の最高額は520円。

つまり、切手の額面の合計金額が買取価格のボーダーラインであるということになります。

プレミア切手をお持ちであれば額面以上の買取価格が期待できますが、プレミア切手は普段お目にかかれる代物ではありません

過度な期待をせず「切手の額面と同等の値段で売れたら良し」と考えておくと良いでしょう。

切手が売れる場所

切手の価値や買取相場。分かって頂けたでしょうか。

普通切手・記念切手・特殊切手は額面の総計が買取価格のボーダーライン、プレミア切手は額面以上の買取価格が期待できます。

ただ、どんな切手を売るにせよどうせなら高く売りたいですよね?

そこで切手はどこに売るべきなのか、以下3つの切手が売れる場所の特徴や違いについて解説したいと思います。

  • 金券ショップに売る
  • メルカリ・ヤフオクで売る
  • 切手買取業者に売る

金券ショップに売る

金券ショップ
金券ショップの一部には切手の買取販売も取り扱っているところがあります。

注意点としては記念切手は買取不可になりやすいということ。

金券ショップは買い取った切手を再販するわけですが、その際に買手となるのは仕事などで切手を通常利用しようとしている人です。

仕事面で避けられがちな特殊な図柄の切手は顧客のニーズにそぐわないため、金券ショップとしては利益率が悪く需要がないものとされています。

メルカリ・ヤフオクで売る

メルカリ ヤフオク
自分で直接コレクターに切手を売ることができるのがメルカリやヤフオクです。

美品状態の中国切手「毛沢東」が16万円で取引されるなど、ニーズがマッチすれば高く売ることもできます。

ただし取引の数としては少数で、主にプレミア切手を中心に取引が成立しています。

普通切手や記念切手を出品する場合は、過度な売値を設定しない方が無難でしょう。

またメルカリやヤフオクは取引成立時に販売手数料が発生するので、その点も注意しましょう。

切手買取業者に売る

出張買取業者
切手を売る上で一番オススメなのが切手買取業者です。

切手買取を専門としているだけあって、切手の価値について熟知した鑑定士に査定してもらうことができます。

少なくとも古い切手を中心に買い取ってもらいたいなら、こういった鑑定士がいる買取業者を利用するようにしましょう。

出張買取に対応している業者もあるので、自宅でより詳しい査定内容や価値について口頭で教えてもらうこともできますよ。

切手を売るなら「バイセル」がオススメ

バイセル
切手を売るなら、切手買取業者「バイセル」がオススメです!

バイセルでは出張買取・宅配買取・お持込み買取の3つの買取方法が用意されており、好きな買取方法を選ぶことができます。

この中でもオススメなのがやはり出張買取です。

出張費用・査定手数料・相談手数料は一切かからない上に全国無料対応なので、住んでいる場所も選びません。

切手を熟知した鑑定士が自宅に訪問してくれるので、売りたい切手を目の前に価値や買取価格について詳しく聞く事ができます

別の買取業者に出すにしても、切手の価値について詳しく知る必要があります。

バイセルなら完全無料で査定・相談してもらえますので一度鑑定してもらうことをオススメしますよ。

切手を高く売る方法

切手買取はまず「バイセル」に鑑定してもらえば間違いありません。

ですが、どんな買取業者でも保存状態などによって減額は避けられません

そこで切手を高く売る方法として以下の内容を解説したいと思います。

  • 切手の額面を把握しておく
  • 仕分けをしておく
  • 保存状態に気を付ける

切手の額面を把握しておく

切手の額面を把握しておきましょう。

前述しましたが、プレミア切手を除く切手は額面が買取価格のボーダーラインとなります。

査定結果からどれくらいの差が出るのかで、取引成立の目安となるでしょう。

仕分けをしておく

切手をバラ売りする際は注意が必要です。

特に数が多く仕分けされていない状態で買取に出すと買取不可となる業者も中にはあります。

また仕分け不要としている買取業者でも、仕分けを手数料として差し引く場合がありますので、買取に出す前に出来るだけ仕分けをしておきましょう。

保存状態に気を付ける

保存状態で切手の買取価格は大きく変わります。

バラ売りよりもシート売り、消印があるよりも無い方が良いなど、より新品状態に近いものほど価値が高くなります

また湿気や糊落ちも減額の原因になりますので、専用の切手アルバムにいれるなど日頃から保存状態に気を付けましょう。

値段が付かない切手は郵便局へ

郵便局
どうしても値段が付かない切手というものも中にはあります。

こういった切手は郵便局へ持っていきましょう。

1枚につき5円の手数料を払えば、はがきや郵便書簡に交換することもできます。

残念ながら郵便局で換金することは不可能が、利用できる別の物に交換したい場合はオススメです。

しかし、どうしてもお金に換えたいのなら欲張った売値を避けメルカリなどで売ると良いでしょう。

まとめ

バイセル
切手はどこに売るべきか、どうしたら高く売れるのか。分かって頂けましたでしょうか。

切手は徐々に買取相場が落ち込んでいるため、少しでも高く売りたいなら早めに売ることをオススメ致します。

ただし闇雲に売るのではなく、しっかりと価値を判断してもらえる買取業者を利用して高価買取を狙っていきましょう!

もしまだ迷っているのなら、完全無料のバイセルに一度鑑定してもらってみてください。

自分が持っている切手にどれくらいの価値があって、一体いくらくらいで売れるのか

これらを知ることが切手高価買取の第一歩となります!

おすすめの記事