発行年月日1951年9月9日
総発行枚数1,100万枚
額面の種類2円・8円・24円
切手の価値普通~やや高い

「平和条約調印記念」切手の概要

「平和条約調印記念」は第二次世界大戦終結後、サンフランシスコにて「平和条約」が調印・締結されたことを記念して発行された記念切手です。

発行日は1951年9月9日。額面は2円・8円・24円の3種類であり、発行枚数は2円・8円切手がそれぞれ500万枚、24円切手が100万枚となっています。

図柄は2円・24円切手に「キクの花」が描かれており、それぞれ黄土色・青色で刷られています。8円切手には「日本国旗(日の丸)」が描かれているのが特徴です。

切手の題材となった「平和条約」とは、日本とアメリカをはじめとする連合国間との戦争状態を正式に終結させるために行われた条約のことです。条約締結後の日本はアメリカから主権を回復し、再び国際社会の一員として復帰していきます。

「平和条約調印記念」切手の買取相場

2円切手

平和条約調印記念
  • 額面:2円
  • 並品:60円
  • 美品:120円
  • 使用済:50円

「平和条約調印記念」2円切手の買取相場は美品状態で120円前後です。

発行枚数は500万枚と多く、切手の価値・買取相場はともに低めとなっています。

8円切手

平和条約調印記念
  • 額面:8円
  • 並品:180円
  • 美品:370円
  • 使用済:120円

「平和条約調印記念」8円切手の買取相場は美品状態で370円前後です。

2円切手と同様の発行枚数ですが価値は上がり、複数枚所持している場合は合算価格に期待が持てます。

24円切手

平和条約調印記念
  • 額面:24円
  • 並品:500円
  • 美品:1,100円
  • 使用済:320円

「平和条約調印記念」24円切手の買取相場は美品状態で1,100円前後です。

3種の中で最も価値・買取相場が高い切手となります。並品でも500円前後と臨時収入としては十分な額が期待できます。

その他「記念切手」の買取相場について知りたい方は上記記事を併せてご覧ください。

おすすめの切手買取業者

おすすめの切手買取業者を3社ご紹介したいと思います。

切手の価値を正しく評価するためには専門知識が必要になります。今回ご紹介する買取業者は切手に関する専門性が非常に高く、古い切手でも価値を考慮した質の高い査定をしてもらえます。

また各社ともにサポート体制が徹底されており、分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。切手の知識ゼロの方でも安心して利用できると思いますので、切手を売る際はぜひ検討してみてください。